侍と昆布


武士による昆布の意外な用途

戦国時代や幕末に活躍した武士にとっても、昆布は大変身近なものでした。
その使われ方は多岐にわたり、彼らは、食料としてだけでなく、築城に、儀式に、戦費調達に昆布を活用していたのです。

null

戦国武士の携帯サプリメント

戦国時代、昆布は、戦場での携帯食として重宝されていました。
昆布が好まれた理由は、携帯性に優れ、栄養・気力を補うのに有効だったためです。

null

戦場で携帯するため、昆布は細かく刻んで醤油で煮込み、竹筒に詰められました。
日持ちがしますし、慌ただしい戦いの合間でも、摘まんで食べれるため、便利だったのでしょう。
昆布には、疲労回復に効果のあるビタミンB1、ビタミンB2や、気力維持に必要とされるヨウ素が豊富に含まれています。
もちろん、当時の武士は、このような成分メカニズムの知識を持っていませんでしたが、少量でも体力や気力の維持に有効な「サプリメント」であることを、経験的に知っていたのでしょう。

籠城時の保存食

昆布は、籠城戦を想定した保存食でもありました。
長期間、敵の攻囲に耐える籠城戦では、食料の確保が城の寿命を決めます。
兵糧米が底をついても、昆布があれば更に長く耐え得ると考え、戦国武将は平時から非常時の準備をしていたのです。

null

具体的な準備の仕方は、日干しにして乾燥させた昆布を、城内の土壁の中に詰めるというものです。
いよいよ兵糧米が底をついたという時に、土壁を打ち壊し、取り出して食べるという算段です。
最後まであきらめずに戦い抜く、戦国武将の周到な準備力に感心せずにはいられません。

築城工事に活用された昆布

戦国時代には、食料としてではない、昆布の別の顔がありました。
それは、築城工事に用いる一素材としての昆布です。

null

大阪城や安土城などの巨大な城の石垣には、巨大な石が用いられますが、これらの巨石を動かすのは至難の業。
そこで、大量の昆布を集め、水に浸して「ぬめり」を出し、巨石を滑りやすくしたそうです。
なお、大阪城築城で昆布が大量に余ったため、昆布を出汁に使う食文化が始まった、という説もあります。

出陣式の必須アイテム

存亡を賭けた戦いに臨む武将達にとって、昆布は縁起かつぎの大事なアイテムでもありました。
戦意を鼓舞するイベントである出陣式の中で、大将は、打ちアワビ、勝ち栗、そして昆布を食べる儀式を行っていました。
「敵に、打ち勝ち喜ぶ」という、切実な願いを込めての語呂合わせです。

null

その名残として、現在でも、正月の飾り、結婚式、選挙の出陣式、端午の節句や七五三などのイベントで、昆布は使われています。

明治維新の資金を生んだ昆布

江戸時代末期、薩摩藩は中国との貿易を積極的行い、その収益は、江戸幕府を倒す資金になったと言われています。
そして、輸出の8割を超える物産が、昆布であったという記録があります。

null

昆布の輸出で稼いだ資金は、英国などからの最新式の武器の購入費用に充てられ、明治維新の原動力の一つになったと言えそうです。

まとめ

北の海でしか採れないにも関わらず、昆布は、武士の世界で大きな影響力を持って、活用されていました。
その理由には、昆布という自然の創造物の素晴らしさだけでなく、乱世を生き抜く侍の研ぎ澄まされたセンスやイマジネーションの豊かさも挙げられるのではないでしょうか。

null

昆布関連 商品

 
▼北海道とろろ昆布 徳用160g
日本古来のパワーフードとも云うべき昆布を、手軽に活用できる、とろろ昆布として開発。<商品を見る> 
 
▼根昆布入りとろろ昆布 徳用140g
「根昆布」と呼ばれる、より強い粘りを生み出す昆布をブレンドしました。<商品を見る> 
 
 
 
 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA